子宮筋腫のうちの約九割は、子宮体部にできる体部筋腫だといわれています。

そして、残りの一割は、子宮頸部にできる頸部筋腫です。
体部筋腫はできた場所によって、さらに三種類の子宮筋腫に分けられています。
子宮筋腫は、その種類によって、症状や治療法も変わってくるのです。

まずは、しょう膜下筋腫についてご説明します。
その名の通り、子宮の一番外側で全体を覆っているしょう膜という膜の下にできる筋腫のことです。

この筋腫は、子宮の外へ向かって大きくなっていき、子宮から突出してしまうケースもあります。
子宮筋腫の約二割が、このしょう膜下筋腫だと診断されています。
子宮腔を直接圧迫しないため、他の筋腫と違って過多月経や貧血などの症状が出ないのが特徴です。

症状が出ないため、気がつきにくく、筋腫が大きくなってしまうことで他の臓器を圧迫してしまい、頻尿や便秘を起こすこともあります。

子宮筋腫のうち、七割と高い割合を占めているのが、筋層内筋腫です。
小さい物なら大豆程度ですが、大きい物だと鶏の卵くらいの大きさにまでなります。
筋層内筋腫は、小さい物だとほとんど症状が出ませんが、大きくなると月経時の経血量が増え、レバー状の血の固まりが出ることもあるでしょう。

三種類の中で、最も重症だといわれている筋腫が、粘膜下筋腫です。
子宮内膜に筋腫ができるため、子宮内の壁が凸凹してしまいます。

そうなると、受精卵が着床しにくくなり、不妊症の原因にもなってしまうのです。

筋腫の大きさが小さくても症状が重く、過多・過長月経になったり、月経時に激しい痛みを感じることもあります。

デリケートゾーンの脱毛
アンダーヘアの脱毛はどうしてるの?気になるデリケートゾーンの脱毛についての解説書。