子宮筋腫の症状

子宮筋腫は、初期の段階では全く症状が現れないことも多いです。

会社の健康診断などで婦人科検診を受けたら、偶然発見されたなんてケースもよくあります。
子宮筋腫の症状は、筋腫の種類やできる場所、筋腫の大きさによっても変わってきます。

場合によっては、自覚症状がないまま、かなりの時間が経過してしまうことも少なくありません。
子宮筋腫の最もわかりやすい症状に、月経の変化があります。
月経困難症や過多月経が、その症状の代表的なケースです。

ただ、子宮筋腫でなくても月経時にお腹が痛くなることはよくあるので、その痛みが一過性のものなのか、子宮筋腫によるものなのか判断が難しいかもしれません。
これまでの月経に比べて、明らかに痛みが強い場合には、婦人科を受診した方がいいでしょう。

また、過多月経や過長月経が起こることもあります。
以前よりも月経時の経血量が増えることを過多月経、月経の期間が8日以上になることを過長月経といいます。
経血量が増える、もしくは、月経の期間が長くなることで、貧血を頻繁に起こすようになることもあるでしょう。
筋腫が大きくなってしまうと、周辺にある臓器を圧迫します。

例えば、膀胱や大腸を圧迫すると、頻尿になったり、便秘になったりするのです。

さらに、大きくなった筋腫が骨盤内にある神経を圧迫することで、腰痛が起こることもあります。
子宮内膜に筋腫ができると、受精卵が着床しにくくなり、不妊症の原因にもなるでしょう。

このように、子宮筋腫で起こる症状には色々ありますが、この症状が起こったからといって必ずしも子宮筋腫だとは限りません。

でも、月経に異常を感じたら、早めに婦人科でその原因を検査した方がいいですね。