子宮筋腫の手術方法

子宮筋腫の手術方法は二つあって、子宮全摘術と子宮筋腫核出術があります。
子宮筋腫が原因で、不妊や流産を繰り返してしまっている女性やこれから先、妊娠や出産を望んでいる女性には、子宮筋腫核出術を行います。

筋腫核出術は、発症している筋腫部分だけを摘出する手術で、核出術にもいくつか方法があります。
近年、最も一般的に行われている手術方法は、腹式子宮筋腫核出術で、これはお腹を切開して行われる手術です。
どうしてもお腹を切開したくないという女性には、腹腔鏡下子宮筋腫核出術という手術方法が用いられます。

これは、数箇所小さく切開し、ここから腹腔鏡と手術器具を入れて筋腫を摘出するという手術方法です。
ただ、大きめのサイズの筋腫だと、小さく細かくしてから摘出するので時間がかかりますし、一定以上に大きな筋腫の場合はこの手術方法は使えません。

さらに、この方法を用いている病院はまだまだ少ないといわれています。
上記の方法は、小さなサイズの筋腫に用いられる方法ですが、筋腫のサイズが大きい場合は全摘術を用いることが多いです。
全摘術は、複式単純子宮全摘術と膣式純子宮全摘術の二つあります。

複式単純子宮全摘術は、筋腫がかなり大きく成長してしまったせいで卵巣にまで影響を及ぼしている時に行われる手術です。
子宮筋腫の再発を予防するために子宮を全部取り除いてしまう手術ですから、おへその下から約10センチ程度は腹部を切開しなくてはいけません。

それ対して、膣式純子宮全摘術は、簡単にいうと、お腹を切開しなくても行える全摘術です。
筋腫のサイズがそれほど大きくない場合や子宮が他の臓器などと癒着していない場合に行われます。

お腹を切開しない分、手術後の回復が早いという特徴があります。