子宮筋腫の治療(手術)

子宮筋腫手術の種類は、大きく分けると、子宮ごと筋腫を摘出する子宮全摘手術と筋腫のみを摘出する筋腫核出術の二種類です。
子宮全摘手術は、お腹にメスを入れて開腹する腹式子宮全摘手術と膣から行う膣式子宮全摘手術に分かれます。

さらに、腹式子宮全摘手術には、筋腫のサイズが比較的小さな時や周辺の臓器との癒着がみられない場合にのみ可能となる横切開術と、それが不可能な時に行われることが多い縦切開の下腹部正中切開術があります。

また、技術的な難易度が高く、受けられる病院もそれほど多くはありませんが、腹腔鏡子宮全摘術という手術方法も行われています。
腹腔鏡子宮全摘術にも、腹腔鏡補助下膣式子宮全摘術(LAVH)、腹腔鏡下子宮全摘術(LH)、全腹腔鏡下子宮全摘術(TLH)とがあり、それぞれ手術の難易度や所要時間が違います。

実施されている病院が極めて限定されている膣式子宮全摘手術に、三回結紮子宮摘出術という手術方法もあります。
筋腫核出術は、筋腫だけを一つずつくり抜くように摘出する手術です。

お腹にメスを入れ、開腹して子宮の外側から筋腫を取り除くことが多いですが、先端に電極が付いた子宮鏡により筋腫を焼き切る子宮鏡筋腫摘出術(TCR)が行われることもあります。

その他にも、カテーテルを使用する子宮動脈塞栓療法や高線量の集束超音波を使うMRガイド下集束超音波手術といった手術方法があるものの、設備が整った病院でなければ受けることができません。
子宮筋腫手術にかかる費用としては、開腹子宮全摘術と腟式子宮全摘術が自己負担費用20万円くらい、腹腔鏡子宮全摘術が自己負担費用25万円くらいです。

開腹筋腫摘出術の場合には、その病状によっても異なりますが15万円から20万円くらいで、腹腔鏡筋腫摘出術で20万円くらい、
子宮鏡筋腫摘出術(TCR)で7万円から10万円くらいかかります。

子宮筋腫手術は手術の方法によっては、健康保険が適用されないこともありますし、薬代や入院費、検査代などが別途必要です。