子宮筋腫の手術で子宮の摘出を行う

子宮筋腫を発症した際、筋腫が大きすぎたり、筋腫の数が多すぎて一つずつ摘出するのが困難だったり、それ以外の治療法では症状の改善が困難である場合には、子宮の摘出を行わざるを得ないこともあります。

また、出産経験があり、今後、もう出産する予定がなければ、子宮の摘出を勧める医師も多いです。
子宮を摘出してしまえば、子宮筋腫が再発する恐れがなくなる上、子宮がんの罹病リスクもなくなるからです。
子宮を摘出すると何が変わるかというと、月経がなくなり、妊娠できなくなります。

でも、卵巣を摘出しなければ、更年期障害のような不快な症状が出ることはあまりないでしょう。

ただ、子宮摘出手術の影響で女性ホルモンの分泌量が減ってしまうと、更年期障害の際にみられるような症状が出てしまう可能性もあります。

それに、子宮筋腫を発症しやすいとされる年代は、更年期障害を発症しやすい年代と重なるため、実際には子宮を摘出した影響がなく
ても、不快な症状を感じることもあるといわれています。
子宮を摘出すると、月経に伴う不快感や苦痛に悩まされることがなくなり、さらに、避妊に関する心配もいらなくなるため、すっきりした、もっと早く手術するんだったと思う方も多いようです。

その反面、子宮を摘出したことにより、女性でなくなってしまった、(子供がいたとしても)もう子供が産めなくなったと精神的なダメージを受け、うつ病などを発症する方もいます。

内臓下垂や膀胱炎、便秘などが起こることもありますし、月経がなくなることで痩せやすいタイミングがわからなくなり、結果的に太りがちになったという方もいるのです。