女性ホルモンと子宮筋腫の関係

女性ホルモンと子宮筋腫には、とても密接な関係があります。

まず、子宮筋腫というのは、女性ホルモンの分泌が活発な時期が発症のピークです。
初潮の前には発症しませんし、閉経後に発症することもないといわれています。

また、子宮筋腫は女性ホルモンの分泌量が多いほど、大きく育ってしまいますから、妊娠して初めて子宮筋腫があることに気づくというケースも珍しくないのです。

逆にいえば、女性ホルモンの分泌を抑制できれば、子宮筋腫を小さくすることができるので、子宮筋腫の治療ではホルモン療法で人為的な閉経状態にすることも多いでしょう。
子宮筋腫の発症原因には、女性ホルモンが密接に関わっているらしいということはわかっていますが、具体的にどんな風に作用して子宮筋腫ができるのかは明確になっていません。

ただ、睡眠不足や食生活の乱れ、過度なストレスなどにより、免疫力が低下してしまうと、子宮筋腫を発症しやすいと考えられています。

それに、冷え性が子宮筋腫の要因の一つになっているといわれることもあります。

そのため、子宮筋腫がみつかったことをきっかけに、冷え性の改善に取り組む女性も少なくないのです。
子宮筋腫が大きくなりすぎたり、取り除けないくらい数が多かったり、再発を繰り返すようなら、子宮の全摘出手術を行うしかないこともあるでしょう。

その場合でも、卵巣を残すことができれば、女性ホルモンは分泌されますから、更年期障害のような不快な症状が起こることはないはずです。