子宮がんのできる場所によって病名が変わる

子宮がんは、できる部分によって、子宮頸がんと子宮体がんに分けられます。

子宮頸がんと子宮体がんは、できる部分が違うことが主な違いですが、他にも発症の原因や発症する年齢層にも違いがあります。
子宮がんの患者のうち、約6~7割の人が子宮頸がんで、子宮頸部と呼ばれる子宮の出口付近にがんが発症します。
子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルスに感染することが原因で発症し、40~50代の患者数が多くなっています。

最近では、20代の発症も急増している病気です。
ヒトパピローマウイルスは性交渉を経験したことのある多くの方が感染したことがあるウィルスになります。
感染した方の90%は、感染後にウイルスが自然に消滅するのですが、残りの10%の感染者は、持続的に感染するようです。
長期的に感染することで、子宮頸がんを発症する危険性が高まります。

子宮頸がんは、自覚できるような初期症状がほとんどないため、症状がなくても定期定期に検診をして早期発見・早期治療を行うことが大切になります。

自覚症状がないくらい早期に発見することができれば、ほとんどの場合は完治させることが可能です。
子宮頸がんは進行が遅いがんなのですが、症状が現れてくると不正出血を引き起こします。

他にも、異常な量のおりものや下腹部の痛み、性交渉時の出血なども起こるでしょう。
子宮頸がんの発見が遅れてしまうと、がん細胞が周囲の内臓を圧迫するようになり、患部周辺にも痛みを伴ってきます。

がんと聞くと、死んでしまうイメージを持ってしまいがちですが、発見が早ければ早いほど生存率が高くなります。

また、早期発見・早期治療を行うことで、再発の可能性をなくすことも可能です。