子宮頸管ポリープとは

子宮頸管は子宮頸部の入り口にあり、子宮頸管の粘膜に良性の腫瘍ができる病気を子宮頸管ポリープといいます。
ポリープはイボのようなもので、茎があり、赤みを帯びて柔らかく、膣の入り口に向かって垂れ下がってキノコのような形をしているものです。

腫瘍の大きさは2~3mm程度で、まれに1cm程度になるものもあります。
子宮頸管ポリープは良性の腫瘍なので、妊娠や出産には影響がありません。
痛みなどの自覚症状はほとんどなく、検診などで医師により発見されることもよくあるようです。

子宮頸管ポリープの腫瘍は、組織が柔らかいため、性交時や激しい運動、排便の際のいきみで不正出血するなどの症状が現れる場合もあります。

また、おりものの量が増えたり、血液が混じった茶色いおりものが出る場合もあるでしょう。

それに、腫瘍が大きいものになると、腫瘍に血液が行き届かず、腫瘍の組織が壊死してしまい、刺激がなくても不正出血が起きることがあります。
子宮頸管ポリープは多くの場合が良性の腫瘍で、女性ホルモンの盛んな30代~50代の成熟期の女性に多くみられる症状です。
がんなどの悪性のものに変化することはほとんどありませんが、一度できると再発する可能性が高くなります。

はっきりとした原因は解明されておらず、女性ホルモンの影響や子宮頸部の細菌感染による炎症が関係していると考えられています。

子宮頸管ポリープ自体は良性であることがほとんどですが、子宮頸がんがポリープ状になっている場合もあるので、注意することが大切です。