子宮内膜症とは

子宮内膜とは子宮の内側を覆っている粘膜で、この子宮内膜が子宮内膜組織が本来あるべき場所以外の箇所にできてしまう病気のことを子宮内膜症といいます。
子宮内膜症患者の多くが、骨盤の中の腹膜や卵巣にて子宮内膜組織が増殖してしまっています。

他にも、まれに臍や肺、腸などに発生する場合もあります。
子宮内膜症の発生原因は、まだはっきりと解明されておらず、月経により子宮内膜の一部が逆流してしまうことが有力な説であると言われているのです。

子宮内膜が子宮内腔以外の場所で生育していることで、毎月の月経と同じように、子宮内腔以外の場所でも、剥離出血が起こってしまいます。
繰り返し増殖や剥離をすることで、その部分が炎症を起こし、組織間の癒着などが併発する恐れも出てくるのですね。

また、子宮内膜症は子宮内膜が子宮筋層内に生育している場合は、月経痛のような痛みがあります。
腹膜に子宮内膜が生育している場合には、下腹部の痛みや吐き気を催す場合もあるでしょう。

よって、月経時でない時でも月経痛のような痛みを感じることがあるはずです。
子宮内膜症によって起こりうる問題には、様々なものがあります。
月経痛が激しいことや下腹部の痛み、不妊症、がんなどが代表的ですが、定期的に検診を受けていないと、自覚症状が出てくるまではなかなか気づくことができません。

子宮内膜症は良性の病気なので、死に至ることはありませんが、定期的な検診をし、子宮内膜症の診断を受けた場合には気長に付き合っていく必要があります。