子宮内膜症の治療法

子宮内膜症の治療法は、大きく分けて薬物療法と手術療法の二つの治療方法に分けられます。
症状の重度に合わせて、適切な治療方法を選んで治療を行います。

軽症であれば、鎮痛剤や漢方薬を服用して経過を見ます。
症状の改善が見られない場合には、ホルモン療法が行われます。

ホルモン療法は、ホルモンの働きをコントロールし、一度月経を止めてしまう治療法です。
ホルモン剤によって、閉経、もしくは、妊娠状態の環境を作り出し、子宮内膜症を小さくしたり、無くしてしまうなど、症状を改善する方法です。

閉経状態を作り出す偽閉経治療には、注射薬、点鼻薬、内服薬が使用され、妊娠状態を作り出す偽妊娠治療には、黄体ホルモン剤やピルを使用します。

薬物療法は手軽に治療を行うことが可能で、月経痛を緩和することができますが、完全に子宮内膜を取り除くことは難しくなります。
また、薬の副作用により体調を崩してしまったり、治療に時間がかかってしまうなどのデメリットもあるでしょう。

一方、手術療法は、子宮内膜症の治療として効果が高いです。
症状が重度の場合には、手術療法を使用して治療を行いますが、手術療法の中でも腹腔鏡下手術が最も多く行われています。
全身、または、局部麻酔をした上で、お臍周辺に腹腔鏡を挿入する穴を開け、小型カメラを挿入してモニターを見ながら手術を行う手術です。

病巣の内膜を焼いたり、のう胞を吸出し、アルコール洗浄などを行います。
腹腔鏡下手術は、腹部を大きく切開する開腹手術と比べて、他の臓器を傷つけるリスクも低くなり、患者さんの体力消耗も軽減されます。

子宮内膜症は再発の確率が高い病気のため、治療は長期戦になるでしょう。

それに、定期的な検診を行うことも大切です。