子宮がんは2タイプある

最近では、乳がんや子宮がんのような女性特有のがんが増加傾向にあるようで、その早期発見にも力が入れられて来ています。
その子宮がんですが、実は大きく分けて次の2つに分けられている事を御存知でしたか?

子宮の入り口付近である子宮頚部に発生する「子宮頚がん」と、子宮の奥の部分に発生する「子宮体がん」です。
それでは、この子宮の奥の部分に発生する子宮体がんとは、一体どんな病気なのでしょうか。
子宮体がんは、子宮内膜に発生する「子宮内膜がん」と、子宮筋に発生する悪性腫瘍の「子宮肉腫」の2種類に大きく分けられます。

この中で、95%以上が子宮内膜にてがんを発症している事から、一般的に子宮内膜がんの事を子宮体がんと呼んでいます。
子宮体がんの初期症状は、そのほとんどが閉経後の不正出血から始まります。

おりものに血が混じっていたり、下腹部痛に伴って少々の出血が起こったりするので、比較的容易に発見する事が出来ます。
発症年齢は、40代から50代の女性が多いのですが、食生活の変化や少子化、初出産年齢の高齢化などの原因により、近年では若年齢層にも発症が見られるようになってきました。

ただ、子宮頚がんや子宮体がんに関しては、現在では、早期発見する事により、ほぼ根治する事が可能だと言われています。

この事からも、女性は定期的に子宮がんの検査を受ける事が、とても重要な事だと言えるでしょう。