子宮膣部びらん

「子宮膣部びらん」と言う病名を御存知でしょうか?
定期的に健康診断や子宮がん検診を受けている方であれば、聞き慣れている病名だとは思いますが、もしかすると初めて聞く病名だと思っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

それでは、子宮膣部びらんとは、一体どんな病気なのでしょうか。
「びらん」とは、御存知のように「ただれ」の事です。
子宮膣部はもともと扁平上皮という組織で覆われていて、子宮頸管部は円柱上皮という組織で覆われています。
子宮膣部びらんの症状には、2種類あります。

実際に子宮膣部の扁平上皮がすっかり剥がれてしまい、粘膜下の組織が出てしまって、ただれているように見える「真性びらん」と、粘膜下の組織が円柱上皮の薄い膜で覆われている「仮性びらん」です。
通常、子宮膣部びらんと言うと、ほとんどの場合がこの仮性びらんでしょう。

また、成人女性の8~9割以上にびらんの症状が見られるようです。
子宮膣部びらんの原因は、先天性のものと後天性のものがあると言われています。
後天性のびらんは、分娩などによって、頸管が外にめくれた事や、子宮頸部が肥大化して、子宮頸粘膜が下がってきた事などが原因となって起こります。

子宮がんの初期段階では、肉眼的に見ると、このびらんとほとんど区別が出来ません。

また、びらんがあると、子宮がんになり易いとも言われています。

その為に、子宮がん検診などでびらんが発見されると、定期的にがんの検査をする必要があるのです。